40代独身男性が彼女作りを成功させる方法は?

一般的に女性よりも結婚適齢期が長いと言われている男性ですが、それでも40代に入ると婚活を成功させるのは少しずつ難しくなると言われています。

しかも、40代ともなれば周りはほぼ結婚していて中には子供までいる家庭もあるので、より一層独身により孤独感に襲われることでしょう。

 

では、そんな40代独身男性が彼女を作るには一体どうすればいのでしょうか?

 

そこで今回は、40代独身男性に送る彼女作りを成功させるための方法をご紹介していきます!

ステップに沿って成功する人と失敗する人の特徴をご紹介しますので、これからの婚活に役立ててみてくださいね。

 

40代独身男性が彼女作りを成功させる方法は?

40代独身男性が彼女作りを成功させる方法は?

ステップ1:出会いの場の選び方

婚活の成否を最初に左右するのは、出会いの場の選択です。

婚活は「相手探し」の側面が圧倒的に大きいからです。

成功する人の特徴

成功する人の特徴は次の2つです。

一つ目は、戦略的に出会いの場を選択していること。

 

二つ目の特徴は上手くいかない場合に早期に起動修正することです。

前者の「戦略的〜」とは、競合状態を把握した上で、自身の強みを生かせる出会いの場を選択することです。

 

例えば、「年齢」や「職業」などの条件は劣るが、女性とのコミュニケーション能力にメチャメチャ長けている人は、対面式の婚活パーティで勝負をかけるというのが戦略的な選択です。

婚活パーティに参加する大半の男性は口下手で、女性の扱いに不慣れだからです。

 

もう一つ、成功する人に共通する行動パターンは「早期の起動修正」です。

婚活サイトなら1〜2ヶ月、結婚相談所なら2〜3ヶ月程度活動して成果が上がらなければ、「これは何かおかしいぞ!」と次の方策を必死になって模索するのです。

 

では、成果とはなにかというと、以下の成果を上げていれば、出会いの場とご自身の相性、活動の方向性は(最低限)マッチしていると言えるでしょう。

  • 婚活サイトなら、アプローチ数に対する反応(例えば、初メールを送った数に対して返信がきた数)が最低10パーセントあること。
  • 結婚相談所なら、自分から申し込む分と相手から申し込まれる分を合わせて、月に最低4件、お見合いが成立していること。
  • 婚活パーティなら、1回のパーティ(女性の数が30人くらいを想定)で最低1人の連絡先を入手できること。

 

これら指標を下回る状況が続く場合には、婚活手段とやり方の見直しが必要ですが、「成功する人」は直感的に「何かがおかしい!」と感じて、早期の起動修正を行うのです。

ちなみに、理想的には婚活サイトでは返信率30パーセント以上、結婚相談所なら月に最低6件のお見合い成立、お見合いパーティは1回で3人以上の連絡先を入手できていると申し分ありません。

 

失敗する人の特徴

成功する人の真逆で、成果が上がっていないにもかかわらず、一つの婚活手段を惰性で続けてしまいます。

ある調査結果によると、婚活で成功する人の活動期間は平均13ヶ月間(経済通産省、平成18年調べ)。

もし半年〜1年間、先の指標で示した成果を上げていないなら、すぐさま婚活のあり方を見直すべきです。

 

しかし、手遅れになるまでダラダラとやり方を変えないのが、失敗する人に共通する特徴です。

また、40代の婚活で失敗する人は、出会いの場の選択がよろしくありません。

そもそも成功率が低い出会いの場で活動してしまう傾向が強いのです。

 

まず、「婚活」という言葉から連想される出会いの場を安易に選んでしまいます。

 

例えば、システムや成功率など十分な検討をせずに、結婚相談所に入会してしまうようなケースです。

高額な料金で知られる結婚相談所。主たるサービスは機械的なマッチングデータの提供で、成婚率は経済通産省の調査によると10パーセント未満というのが実態です。

 

これは大手でも状況は同じで、楽天グループのオーネットが公表したところによると、大手結婚相談所(オーネット含む)の成婚率は10パーセントを下回っています。

経済通産省の調査もオーネットの公表内容も、40代男性に限定した成婚率は公表されていませんが、恐らくこれを大きく下回ることでしょう。

この例で示すように、失敗する人はそもそも成功率が低い出会いの場を選択してしまいます。

 

ステップ2:出会いのルートの複数化

成功する人の特徴

複数の出会いの場で、同時並行的に活動する傾向があります。

例えば、タイプの違う婚活サイトを2つ以上組み合わせて活動するとか、結婚相談所に加えて友人に紹介を依頼したり、女性が多くて男性が少ない趣味のサークルに入るなど複数のルートを活用します。

複数ルートを活用すると単純に出会いの数が増えます。

 

加えて、タイプが異なる婚活の組み合わせは、季節変動や流行り廃りなどによる好不調の波を平準化したり、リスク分散をして、コンスタントに出会いを生み出すことを可能にするからです。

簡単に一言でいうと「あちらがダメでも、こちらでOK」という状態を作り出すことなんですね。

 

実際のところ、東京大学の社会科学研究所の調査によると、3つ以上の婚活をしている人は1つの人より約2倍成功率が高まることが確認されています。

40代の婚活に成功する人、失敗しない人の5つの差。

一つでなく複数の婚活をしています。

 

失敗する人の特徴

一つの婚活手段しか行いません。

かつ成果が乏しくても惰性で長期にわたり活動してしまいます。

 

ステップ3:第一印象

出会いの場で、2人きりで会う約束を取り付けた後は、第一印象の良し悪しが成否を左右します。

具体的には、会った瞬間から15分程度の間で勝敗の7〜8割は決まります。

 

この婚活の場における「第一印象」とは、①外見、②雰囲気、③雑談力で構成されます。

 

成功する人の特徴

若々しくて、清潔感に溢れています。

その上でお洒落であれば申し分ありません。

「写真より素敵ですね」と言われることがよくある人です。

 

見知らぬ男性と会うことに対して、大半の女性は警戒心を抱いています。

成功する人は、安心感を与えるような雰囲気作りに腐心しています。

そのための有力な手段の一つが「笑顔」です。

 

「ただが笑顔」と侮るなかれ、です。

左右の口角が非対称に上がると狡猾な印象になるし、目が怖いままだと近寄りがたい。

笑顔は練習しないと上手に笑えません。

 

特に、顔の表情筋が衰えている40代は、ビミョーな笑顔をする人が多いので要注意事項です。

 

本題に入る前に、打ち解けた雰囲気を作る会話テクニックを「アイスブレク」といいます。

成功する人はこれが上手いのです。そのベースになる会話スキルは「雑談力」です。

婚活で成功する人は、雑談力があります。

 

雑談力で場の雰囲気を和らげて、楽しく会話のリレーを行う土台作りが上手いのです。

 

失敗する人の特徴

「外見」が、おじさん臭くて、清潔感に欠ける人。

例外なく女性に嫌悪感を感じさせ、待ち合わせ場所で一目見た瞬間、「やばー、失敗。帰ろうかな」と相手に思わせてしまいます。

 

「雰囲気」でいうと、表情が暗く、活力に乏しくて、人を寄せ付けない雰囲気の人。

40代は口の周りの筋肉が衰えて口角が下がりがち。

無意識に暗い表情をしている人が多いので要注意です。

 

挨拶を交わしてから、お店に移動して、飲食のオーダーを済ませるまでの間の会話がポイントです。

堅苦しく、よそよそしい話しか出来ないと、その後の会話のリレーがうまくいきません。

 

つまり、これは親密な関係を築けずに腰砕けの状態でデートが終わり、「また会いたい」と女性に思われず、無残な失敗に終わることを意味します。

 

ステップ4:傾聴力

コミュニケーション能力がないと、女性と親密な関係になれません。

女性が求めているコミュニケーション能力があるかどうかが、失敗する人と成功する人を2分する重大な要素となります。

 

では、女性が求めるコミュニケーション能力とは何でしょうか?

 

それは「傾聴力」です。

さまざまな研究成果が示しているとおり、女性が会話に求めているニーズは「共感」、つまり「話を聞いて欲しい」なのです。

「聞き上手はモテる」は普遍の真理と言えるでしょう。

 

しかし、この聞き上手=傾聴能力がある人はごく少数というのが実態だと思います。

私は女性との会話能力を改善するコンサルの中で、初デートの様子を録音したデーターを何百件も分析しています。

その経験上、傾聴力がある人はごくわずかしかいない、そして仕事の説明能力とはまったく別物であるという結論を得ています。

 

成功する人の特徴

会話の主導権を相手に渡しきる。

相手を会話でコントロールしようという意識がない。

 

その結果、相手の女性に思う存分語らせることが出来る人です。

その前提として、「沈黙の間」を恐れない

相手のバックグランドや経験・感動を尊重している。

 

「無知になって、相手の話を聞ける」などの特徴があります。

外形的には、一つのテーマでの会話時間が長いことが特徴です。

 

失敗する人の特徴

傾聴ができない人。こうした人の特徴としては、会話の主導権を相手に渡さない。質問で会話を組み立てようとする。

相手を誘導する意図が強く「必殺の口説き文句」を知りたがる傾向があります。

 

また、自慢話が多く、「その話、知っているよ」というニュアンスで相手の話の腰を折って自分の話をしてしまうことも多いです。

さらに、「でもさ」「ていうか」など相手の話をすぐ否定するといった特徴もあります。

 

そして、「聞き上手がモテる」という知識があっても正しく実践することができません。

例えば「聞き上手=質問上手」と勘違いして、質問を連発してしまいます。

その質問自体もよろしくありません。

 

事実関係やプロセスの確認など味気ないものに終始する傾向があります。

結果、“ 質問→相手が回答→(完結)“という一問一答形式になり、質問のネタが途絶えるにつれて会話が盛り下がり腰砕けで終わるという展開に陥りがちです。

 

今すぐ彼女が欲しい人におすすめの方法は?

彼女を作るにも、まずは女性と出会う機会を増やさないことには何も始まりません。

しかし、社会人になると学生時代に比べて出会いの機会も激減し、なかなか女性に出会えず悩んでいる方も多いことでしょう。

 

そんな方でも手軽に女性との出会いを見つけることが出来る方法が恋活アプリを使うということで、その中でも最もおすすめなのが一番人気の恋活アプリ『Pairs(ペアーズ)』!

今やたくさんの恋活アプリがある中で、最も人気の『Pairs(ペアーズ)』では延べ4,700万組がマッチングしており、私もこれまでたくさんの女性とマッチングしてきました。

 

その中には、もちろん普段遭遇できないような可愛い女性もいて結局このアプリを通じて付き合うことができたんですw

なので、今すぐ彼女が欲しいけど出会いがないという人は、『Pairs(ペアーズ)』を使ってみるのがおすすめですよ!

登録は無料ですぐに使い始められて、自分の住んでいる地域の近くで出会いを探している人も見つけられるので、わざわざ都心までいかなくてもいいのです。

 

今こうしている間にも他の男性があなたのタイプの女性とマッチングしているかもしれないので、本気で彼女が欲しいなら今すぐにでも使い始めてみましょう!

※18歳未満の方は利用できませんので、ご了承ください。

 

まとめ

40代独身男性が彼女作りを成功させる方法は?

今回は、40代男性に向けて婚活で成功するための方法を失敗する人の特徴も合わせてご紹介することで、お伝えしました。

文章で読むと簡単に思えますが、いざ女性を目の前にするとドギマギしてしまうのが普通です。

何度も経験し体得することで、婚活でモテる男性に生まれ変わりましょう!

 

※18歳未満の方は利用できませんので、ご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。