田舎では彼女できない?!彼女の作り方はあるのか?

彼女 作り方 田舎

 

この記事では、田舎で彼女を作ることができるのかについてお伝えしていきます!

一般的に日本では都市部には働き世代である比較的に若い世代が集まり、田舎と呼ばれる郊外の自然の豊かな地域には高齢者が多い傾向にあります。

そのため、田舎に住んでいる若い世代は出会いがないと感じる人が多いようです。

 

特に、仕事がありその地域を離れられない男性は、彼女を作ることが困難だと聞きます。。。

果たして、田舎では彼女を作ることができるのでしょうか?

 

そこで今回は、田舎在住の男性に向けて彼女はできるのか、彼女の作り方にはどんなものがあるのかについて解説していきます!

 

 

 

田舎で彼女できないと嘆く男性の声・・・

 

このように、田舎にいて彼女ができないと悩んでいる男性は多いようです。

これらの声を見ると、『やっぱり彼女を作るには人が多い都市部に行くべきなのかなぁ~』と思ってしまいますよね。

 

しかし、田舎にいても彼女を作ることは可能です!

ただ、その前には心構えを準備が必要なので、先にそちらからご紹介していきます。

 

田舎で彼女を作るための心構えとは?

田舎では彼女できない?!彼女の作り方はあるのか?

都市部に比べて人の少ない田舎では彼女を作るのにハードルが高くなっているのは事実。

そのハードルを乗り越えて彼女をゲットするには、心構えが重要になってきます。

 

では、一体どんな心構えが必要なのかをご紹介していきましょう!

 

その1:絶対に待ちの姿勢ではダメ

少し前から“草食系男子”という言葉が流行っていますが、田舎において草食系男子になっていたら一生彼女ができないと言っても過言ではありません。

そもそも人口の少ない田舎では女性の数も少ないので、1つ1つの出会いを大切にし、積極的にアプローチしていくことが重要になります。

 

そうしないと同じ悩みを抱えている男性が猛烈にアプローチして気になる女性を取られてしまうこともあるので、田舎では何よりも女性への積極的なアプローチを心がけましょう。

それこそ、居酒屋やカフェで気になる女性を見つけたら、向こうから声を掛けてくれるのを待つのではなく、こちらからアタックするのです。

 

ただ、最初からガツガツしていると嫌われてしまうので、まずは気になる女性が来るお店に通って少しずつ距離を詰めていくのがベスト。

心理学にも単純接触効果といって人は接触機会の多い人に好意を持つという心理が働くので、それを活かしていきましょう。

 

その2:女性のいる場所へ行く努力は惜しまない

都市部だと人が集まるスポットがたくさんあって、すぐに行くことが出来たりしますが、田舎だとそうはいかないことが多いです。

特に、人が集まる場所やスポットから離れて住んでいる人だと、そこまで行くのが面倒に感じるかもしれませんが、彼女を作るためには女性のいる場所へ行く努力は惜しんではいけません。

 

そこで面倒くさがっていては自分から出会いの機会を減らしているだけなので、彼女を作りたいという気持ちに矛盾しています。

もし、今住んでいる田舎に女性が集まるような場所がなければ、少し離れた人口が多い街に行くことも方法の1つ。

 

それくらいの気持ちを持っている人が田舎でも彼女を作れる男性なのです。

 

では、次に田舎で彼女を作るにあたっての準備についてお伝えしていきます。

 

田舎で彼女を作る前の準備は?

田舎では彼女できない?!彼女の作り方はあるのか?

田舎であれ都市部であれ、彼女を作る上では必ず事前準備が必要です。

では、どのようなことを準備しておけば良いのかポイントをご紹介します。

 

その1:ファッションや身だしなみはちゃんと整える

女性と出会う前にまず重要となるのがファッションや身だしなみ。

田舎ではおじいちゃんおばあちゃんが多いので、身だしなみに気を遣うことも少ないかもしれませんが、ダサい格好をしていたら、それだけで女性からナシだと思われてしまいます。

 

特に、20代30代の女性は男性のファッションにも敏感で超オシャレでなければいけないということはないですが、最低限のファッションをしていないと付き合うのは難しくなります。

最近ではネット通販を利用すれば、誰でも人気のファッションアイテムを揃えることができたり、ファッションのプロがコーディネートをしてくれるサイトもあります。

 

なので、田舎のままのファッションでいるのではなく、流行のファッションを調べて女性にウケる身だしなみを整えるようにしましょう。

あとは、ファッション以外に清潔感がないと相手にされないので、ヒゲを剃ったり鼻毛が出ていないかもチェック!

 

その2:デートプランは事前に立てておく

田舎だとデートできる場所も限られるかもしれないですが、それでも田舎ならではのデートプランも考えられます。

事前にデートプランを考えていないと、女性と会って話した時に次のデートの約束が取りづらくなるので、予めプランを立たておくことは重要です。

 

最初のデートとしては、やはり軽くご飯に誘うのが良くて、そこで仲良くなったら遠出をしたり、デパートに買い物に行くようにするのが良いでしょう。

なので、最初に女性と楽しめる飲食店をリサーチしておきましょう。

 

その3:移動手段のために車は必須

食事デートに行くにしても、どこか遠出をするにしても田舎だと電車やバスの本数が少なかったり、終電が早かったりするので、移動手段として車は必須となってきます。

車があれば、ドライブデートにもなるし、行きたいところへ行きやすいので車は田舎での恋活にマストアイテムだといえるでしょう。

 

特に、田舎では車を持っていないと生活するのも難しくなるので、車を持っていない男性はそれだけで恋愛対象外になることも。

車がなければレンタカーという選択肢もありますが、毎回レンタルするのも面倒なので自分の車を持っておきたいところ。

車で色んなところに連れて行ってくれる男性は、女性からしても魅力的に見えるので車は持っておいたほうがいいですね。

 

それでは、いよいよ田舎における彼女の作り方をご紹介していきます。

 

田舎在住男性のための彼女の作り方とは?

その1:地元のコネクションを使う

彼女 作り方 田舎

いくら田舎であったとしても、近隣エリアも含め同世代の女性が全くいないという場所はなかなかないと思います。

ただ、問題はそうした女性で彼氏のいない人と出会う方法です。

 

田舎の地域でも同世代の女性と出会いのチャンスがあるのは同窓会です。

同窓会で再開した男女が付き合ったり、結婚したりするケースはとても高いと言われています。

おそらく周囲の友達にも1組や2組は確実にいるのではないでしょうか。

 

ということは、同窓会が開催されたら確実に参加しなければなりません。

ここでネックになるのが、同窓会の情報が入ってこない可能性があることです。

 

先生を呼んだ正式なものであれば、比較的漏れのないように声がかかるのですが、実際には小さなものも含むと年に何度も同窓会が行われていたりします。

こうした同窓会になるべく参加するには、地元で同窓会の幹事をよくやる友人とつながることです。

小学校・中学校・高校のどの知り合いにも、友達が多く顔の広い人が1人はいるものです。

 

そして、そうした人は本当によく仲間を集めて飲み会を開いています。

思い当たる人とどうにかつながって、同窓会や飲み会をするときには出来るだけ声をかけてほしい旨を伝えましょう。

自分が彼女を探していることを、恥ずかしいと感じる人は結構いますが、『彼女作りたいから良い人いたら紹介して!』と笑顔で周囲にお願いしている人の方が何倍も素直で素敵です。

 

そして、そんな人には“いい話“が舞い込んでくるのです。

地元のコネクションは、同窓会だけではなく親の知り合いでもいいですし、祖父母の知り合いでも問題ありません。

町で挨拶する近所の人にでもかまいませんので、一度気持ちを切り替えて、笑顔でお願いしてみてください。

 

田舎であればあるほど、地元の人の口コミは力があるので、思いがけないルートで話が飛び込んでくる可能性も決して低くはありません。

 

その2:地域のコミュニティーに参加する

田舎では彼女できない?!彼女の作り方はあるのか?

田舎にも必ず若い人たちがいて、若い年代の人達だけが集まるコミュニティーがあったりします。

そういったコミュニティーには若者同士でワイワイしたい人もいれば、出会いを探しに来ている人もいるので、出会い目的で参加している女性をゲットするチャンス。

 

普通に生活していたらなかなか若い世代の人と出会うのも難しいので、コミュニティーを利用している女性も多いのです。

なので、今住んでいる地域に若者のコミュニティーがないかを調べて、もしあれば必ず参加するようにしましょう。

 

まずは友達からでも徐々に仲良くなっていけば、彼女を作ることもできますよ。

 

その3:田舎から出る

彼女 作り方 田舎

思い切って、転職をして今いる田舎を出ることも1つの手段です。

彼女を作ることが仕事に影響を及ぼすなんて、馬鹿げていると感じるかもしれませんが、彼女の有無は人生を大きく左右します。

彼女とは結婚する可能性もありますし、子どもを作り家庭を持つ可能性もあります。

 

やはり、一人で生き続ける人生よりも自分の家庭を持ち家族と一緒に生きていく人生の方が、より多くの幸せを感じることが出来ます。

そう考えると、彼女の存在は仕事以上に人生において重要な役割を占めるのです。

今の仕事も実績を積んでただならぬ思いがあるかもしれませんし、実家の家業を継いでいてそう簡単に辞めることができないかもしれません。

 

仕事はいつでも出来ますが、彼女を作ることは誰しもがずっと出来るわけではありません。

多くの女性が恋愛関係になって結婚したいと思う男性の年齢は20代や30代です。

 

その人生の貴重なときを『田舎だから彼女ができない!』と嘆きながら過ごしていてはいけないのです。

都市部に比べ、田舎には恋愛適齢期の女性が少ないことは間違いのない事実なので、田舎を出て都市部に行けば、出会える確率もその分上がります。

 

とはいえ、仕事をおろそかにしている男性は女性に相手にされない傾向がありますので、仕事がある程度軌道に乗ってから恋愛という順序になるでしょう。

少し時間と体力はいりますが、自分の人生を再構築する重要な機会になることは間違いありません。

 

都市部には田舎と比べると、驚くほどに恋愛適齢期の女性と知り合える場所があります。

ふと一人暮らしをしてみた街でも必ず同世代が集まるようなbarがありますし、そこで気軽に仲間が出来たりします。

 

また、社会人が集まって趣味を一緒に楽しんだり、スポーツを定期的にしているような社会人サークルもあります。

都市部にいる女性は、仕事や趣味に熱心な傾向にあるので、恋愛適齢期であるにも関わらず、彼氏のいない女性がたくさんいるのが何よりものポイントです。

 

その4:マッチングアプリを使う

田舎では彼女できない?!彼女の作り方はあるのか?

最も手軽で今すぐにでも始まられるのが、スマートフォンなどを利用したマッチングアプリを使うことです。

スマホを利用した異性との出会いと聞くと、いかがわしさや危険性などを感じ、嫌厭してしまう人も少なくないですが、『マッチングアプリ』と一度検索窓に入力してみてください。

 

すでに、いくつものアプリが登場していることに驚く人もいるかもしれません。

このようなアプリを経由しての異性との安全な出会いが徐々に一般的になってきています。

 

それを証明するように、利用者もごく普通の人がほとんどで、サイトに登録すると利用者の顔写真や年齢、職業といった簡単なプロフィールを閲覧することができます。

ここでポイントになるのが、相手の居住地を知ることで気になる女性との物理的な距離を知ることができるということです。

 

まずは相手の居住地を知ることで、自分の街からどのくらい離れており、どこで会うことが現実的か?デートはどのくらいの頻度で出来るか?といった計画が立てられます。

これは、田舎に住んでいると、一番にぶつかる問題なのでこの情報を事前に知ることができるのは、マッチングアプリを利用する最も大きなメリットの1つです。

 

その他、相手の好きなものや趣味などもプロフィールから知ることができ、自分の趣味と同じ女性がいれば、より相性の良い女性を彼女にすることが出来ます。

こうしたことが、知り合う前の女性から聞き出せるマッチングアプリは、都会では男女ともにすでに多くの人が活用しています。

その流れが徐々に地方にも流れてきて、今マッチングアプリの登録人数は急激に伸びています。

 

ただ、先ほども見ていただいたなら分かると思いますが、すでにたくさんのマッチングアプリが登場しているので、どれを選べばいいか分からないという人も多いでしょう。

そこで、おすすめなのが450万人もの会員数を誇る恋活マッチングアプリの『ペアーズ』です!

 

当サイトでご紹介するペアーズは、facebook上国内最大手のマッチングサービスで実名も出ず、友達にも出会わないようになっているため安心して出会いを探すことが出来ます。

 

すでに登場しているマッチングアプリの中でも非常に高評価のアプリなので、真剣にお付き合いする恋人を探している人は登録してみることをおすすめします。

 

田舎で彼女を作った人たちの口コミ

田舎では彼女できない?!彼女の作り方はあるのか?

20代男性:Yさん

Yさん
もともと人が少ない地域で、学校の同級生も数名ほど。

そんなド田舎で彼女を作ることなんて無理だろうと思っていました。

そこで、たまたまネットサーフィンをしている時にマッチングアプリの存在を知って、軽い気持ちで試してみたら2人の女性とマッチングして出会いことに。

一人は隣町に住む女性で、もう一人は都市部の女性でした。

まずは2人の女性に会ってみて、隣町に住む女性と田舎話で盛り上がり、何度かデートするうちに段々好きになって、4回目のデートで告白。

見事OKをもらえて、今では彼女になってくれています。

30代男性:Tさん

Tさん
転勤をきっかけに都市部から田舎に引っ越して来ました。

とりあえず、近くにあったバーに行くと同世代くらいの女性が飲んでいたので声を掛けてみると、気さくに話してくれて今度デートに行くことに。

どうやら地元の女性のようで、私は知らない場所にも連れて行ってくれてとても楽しかったです。

今では毎週会う仲にまでなったので、今度の彼女の誕生日の日に告白しようと思っています。

20代男性:Rさん

Rさん
東京にいた頃からマッチングアプリを使っていたのですが、田舎でも出会いがあるのかなと検索してみると意外とたくさんの人がヒットして、アプローチしてみました。

すると、1人の女性とメッセージのやり取りの中で意気投合して、実際に会ってみることに。

見た目はとても清楚でキレイな方で、会った時に緊張しましたが、メッセージで仲良くなっていたのでそのまま自然と楽しむことができました。

僕も相手もお互い結婚を早くしたいという考えが一致していたので、今は結婚を前提にお付き合いをしています。

マッチングアプリの存在を知っていなかったら、一生いい出会いに気づくこともできなかったかもしれないと思うと、使っていて良かったなと感じています。

 

このように、様々な出会い方があるようですが、一番多いのはマッチングアプリを利用したものでした。

マッチングアプリであれば、家にいながらでも出会いを探している女性を探すことができ、都市部に行くお金や手間、時間も省くことができます。

 

スマホ一台あれば誰でも使えるので、これからの恋愛には欠かせないものになるでしょうね!

 

まとめ

彼女 作り方 田舎

今回は、田舎在住男性のための彼女の作り方をご紹介しました。

田舎に住んでいるにせよ、いないにせよ、行動しなければ彼女は出来ません。

 

今回ご紹介した通り、田舎でも彼女を作ることは全然可能なことなのです。

特に、おすすめなのがマッチングアプリを使う方法で、男女問わず最も人気なのが450万人もの会員数を誇る恋活マッチングアプリの『ペアーズ』です!

 

ペアーズは、facebook上国内最大手のマッチングサービスで実名も出ず、友達にも出会わないようになっているため安心して出会いを探すことが出来ます。

 

すでに登場しているマッチングアプリの中でも非常に高評価のアプリなので、真剣にお付き合いする恋人を探している人は登録してみることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。