彼女が欲しいアラサー必見!アラサー男性の彼女の作り方とは?

彼女 作り方 アラサー

 

この記事では、アラサー男性の彼女の作り方についてお伝えしていきます!

 

『アラサー』という言葉ももはや全国の共通語となるほど、浸透した今日。

 

20代後半から30代前半を示す言葉ですが、周囲の人を見ていると、特に30歳を過ぎた頃から結婚を意識しはじめて彼女が欲しいと思う人が多いような感じを受けます。

 

そこで今回は、現在彼女がいないというだけではなく、彼女がここ数年もしくはずっといなくて焦っているという人に向けて、彼女を作るために気をつけるべき4つのことをご紹介します!

 

 

彼女が欲しいアラサー必見!アラサー男性の彼女の作り方とは?

1:『今の30代は若い』という印象を裏切らない

彼女 作り方 アラサー

高齢化が進み、どことなく「今の30代は昔の30代よりも若い」という印象が世間にはあるような気がしませんか?

 

実際は、労働や社会の負担にすり減ってばかりで若くいられるような生活ではないにしろ、見た目の印象や高齢者の年齢などを比較して、昔よりも若年に見られる傾向があるように思います。

 

そう感じていないにしろ『自分はもう30歳過ぎたからさ……』とか『もう30歳になるし……』と年齢を負い目に感じていたり、コンプレックスだと思いこんでたりすると、周囲の人にとっては非常に悪い印象になることは明らか。

 

『自分はアラサーだから』という諦観でいると、周囲のアラサー女性を敵に回しかねません。

 

実際、今の世の中ではアラフォーになっても彼女がいない男性も多くいます。

 

もちろんアラサーもあっという間にアラフォーになることを思うと悠長なことを言っていられませんが、かと言って傍目に見えるほど焦ったり、自分の年齢に自信をなくしたりする必要は全くありません。

 

確かに閉塞感のある、若年層にとっては苦しい世の中ですが、その中でも輝き続けられる人であること、もっと適切に言えばオン・オフを切り替えて、他人の前では明るくいられるタフな人になるのが良いでしょう。

 

年齢よりも大切なのは、本人がどういう人で、どんな考え方をしているか、どんな暮らしをおくっているかということ。

 

基本的には何歳になっても、『モテる男性像』というのは変わりません。

 

アラサーでモテない人は、アラフォーになってダメなところが直っていなければ結局変わらずにモテないのです。

 

まずは、アラサーであるという年齢にこだわったイメージを捨てて、自分自身を確立し、いかに自分が自信を持って過ごせるか、自分のアイデンティティとは何なのかを見つけ出すというところに重点を置くほうが良いのではないでしょうか。

 

2:将来のことを見据えて仕事・生活をしているか

彼女 作り方 アラサー

一言で言えば、年収や暮らしぶりなどが世間の同年代と乖離ないかということです。

 

貯金はできていますか?今の生活は、持続可能なものでかつ発展性のあるものですか?

 

年齢というのはどれだけ嫌がっても必ず取っていくもの。

 

先ほど年齢に拘る必要はないと書きましたが、それはあくまでも自分自身の中身の問題であって、世間に期待される年齢相応の暮らしぶりというのは、特に結婚を見据えて彼女がほしいと考えている男性には求められるものです。

 

仕事が忙しくてそれどころではない、と毎日疲弊している人も多いと思いますが、もし彼女を作ろうものなら今より確実に自分の時間とお金は減るものと思って下さい。

 

もちろん愛情や気持ちの潤いなど増えるものも多くあります。

 

しかし、減るものと増えるものは同軸上にあるものではないのです。

 

簡単に言えば、愛でお金は賄えないというもの。

 

今の自分が持っている時間とお金を少し手放して愛情や心の支えなどを手に入れた時、自分の今の生活はどう変わるかをしっかりと一度考えてみるのが良いでしょう。

 

もしそうなったときに、『とてもじゃないけれど生活できない』という状態になるのであればまずは生活の基盤をもう一度作り直さなくてはならなくなるはずです。

 

なぜなら今彼女が出来てもすぐにまた手放すことになるから。結婚なんて到底無理だから。

 

その状態で仮に彼女を作って、その彼女に子どもができてしまったとしたら、自分の力で養えるのか?

 

彼女を作ることをそれほど重く捉えていない人も多いでしょうが、私は『アラサー』になったのであればさすがにそこまできちんと考えるべきだと思います。

 

これについて、詳しくは後述します。

 

3:彼女に対する包容力はあるか

彼女 作り方 アラサー

多くの男性にとって、女性というのは非常に厄介で難解な生き物だと思います。

 

そして、学生時代を思い出すと、解けない問題にはイライラしましたよね。

 

過去に彼女が出来たことのある方は、彼女のよくわからない振る舞いに、何度もイライラさせられたことがあると思います。

 

ふつう自分の理解できないことやものに対しては不快やいらだちを募らせるのが人間というもの。

 

今の自分に、そういう難解な生き物をそばにおいておくだけの余裕があるでしょうか。

 

先述したようにお金や時間的な包容力も必要です。

 

もし普段生活していて、『自分は他人に厳しいな』とか『余裕がなくて当たってばかりだな』と感じる人がいたら、今は彼女を作るよりも、他人に対して寛容になることを覚えるほうが遠回りのように見えて早道になるでしょう。

 

繰り返しになりますが、やみくもに彼女を作ればいいというわけではありません。

 

自分がどうして彼女をほしいと思うのか? そこを考えてみて下さい。

 

ただ今誰かにそばに居て欲しいというのであれば、それは彼女ではなく女友達で良いはずです。

 

単純にエッチがしたいという欲求のために彼女を作りたいというのであれば、彼女を作るべきではありません。女性がセックスにおいて背負うリスクを理解していない人に彼女を作る権利はないと思います。

 

厳しいことを言いましたが、多くの人は『誰かと愛し合いたい』とか『結婚を見据えてそばに誰かにいて欲しい』というような思いから彼女がほしいと願っていることでしょう。

 

それであれば、誰でもいい・手っ取り早く彼女を作る、というよりも安定して付き合える彼女を手に入れるために自分自身の身の回りを固める方が良い選択だといえるでしょう。

 

4:自分は結婚できる男か

彼女 作り方 アラサー

最後にこの話題をもう一度。

 

途中でも軽く触れましたが、彼女を作るということはプラトニックな恋愛でない限り、相手と肉体関係を持つことでもあります。

 

男性側が避妊することを拒否しない限り(女性側も避妊を拒否する場合がありますが、絶対に乗せられてはいけません)、妊娠してしまう可能性は限りなく低いでしょうが0%とはいえません。

 

また、考えたくないことでしょうがどちらかが病気を持っている可能性だってあります。

 

大正時代に、男女が自由恋愛を楽しむ中にセックスという肉体関係を持つことも自由とされて以来(それより前の時代だと、特に女性は結婚するまで貞操を守らなくてはならないとされていましたよね)、確かに男女の交際には必ずと行っていいほど性行為が行われます。

 

時代が許すことだし、それによってお互いが愛情を確かめ合うことができるのであれば私は非常に美しいことだと思います。

 

ただ、そこには必ず望まない妊娠をするというリスクがあることも知っておいてほしいし、そうなったときにちゃんと責任を取れる人間でいて欲しいという思いも事実です。

 

男性は女性ほど身重ではありません。女性のように身体の中に生命を宿すわけでもなく、世の中には悲しいことですが彼女の妊娠を知って逃げてしまう男性もいます。

 

『いざとなったら逃げればいい』と一時の欲望に流されるのではなく、自分が愛した人であれば、結婚に踏み切れるような男性でいてほしいと思います。

 

女性は身体に宿った命からは逃げられないのです、お互いに生活力がなければ彼女だって苦しい選択を強いられることになります。

 

愛した女性とそんな形で別離を選びたくないのであれば、今一度そこを深く掘り下げて考えてみていただきたいと思います。

 

そこで、おすすめなのが450万人もの会員数を誇る恋活マッチングアプリの『ペアーズ』です!

 

当サイトでご紹介するペアーズは、facebook上国内最大手のマッチングサービスで実名も出ず、友達にも出会わないようになっているため安心して出会いを探すことが出来ます。

 

すでに登場しているマッチングアプリの中でも非常に高評価のアプリなので、真剣にお付き合いする恋人を探している人は登録してみることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。