年下女性の口説き方とは?

年下 女性 口説き方

 

この記事では、年下女性の口説き方について詳しく解説していきます!

 

周りの誰もがうらやむような年下の可愛い彼女が欲しいというのは世の中の男性に共通する思いではないでしょうか?

 

芸能界でも一回りどころか二回りも年下の女性と結婚する男性がいますよね。

 

では女性から見て年上の男性はどのような存在なのか?

 

それを理解できれば年下女性を口説く時のヒントにもなりますよ。

 

そこで今回は、年下女性の口説き方について詳しく解説していきます!

 

 

年下女性から見た年上男性の存在とは?

年下 女性 口説き方

一般的に考えて夫婦やカップルは「男性の方が少し年上」という関係が「普通」という認識がありますが、これには人間の本能的な部分が関係しています。

 

「子孫を残す」という本能を持っている男性は丈夫な子どもを産むことができる若い女性を求め、女性は子どもが何不自由なく生きていける環境を与えてくれる頼もしい男性を求めています。

 

つまり男性が若い女性に惹かれるのも、女性が年上男性に惹かれるのも自然なことだというわけです。

 

また男性は女性よりも精神年齢が低いので同年代や年下男性には男としての魅力を感じることができず、尊敬できない男性は恋愛対象としては見ることができないという女性も多いです。

 

最近は社会的にも男女平等が浸透してきましたが、やはり日本ではまだまだ「男性優位」の場面が多く見られます。

 

その影響もあり女性は精神的にも経済的にも男性に頼ることに抵抗がないので、自分よりもすべての面において優れている年上男性と付き合いたいという思いがあるのでしょう。

 

年上男性を好む女性には特徴がある?!

年下 女性 口説き方

1:甘えたいタイプ

いわゆる「かまってちゃん」と言われるタイプの女性は男性に対する依存心が強いので、常に連絡を取ったりわがままを言ったりします。

 

若い男性の場合はそれが原因となって喧嘩になることも多いですが、年上男性の場合は広い心で受け止めてくれるので、安心して甘えることができる点が大きなメリットになります。

 

2:愛情不足

幼い頃に両親が離婚したり、両親が不仲だったり、しつけが厳しい家庭で育ったなど、あまり両親からの愛情を感じることができなかった女性は、その反動で彼氏から必要以上の愛情を求めます。

 

特に体型や頭髪などにコンプレックスを抱えているような年上男性は「自分だけに尽くしてくれそう」な印象が強いという理由で人気があります。

 

またファザコンの女性も年上男性ばかりに興味を示しますが、こちらは一回り以上離れていても恋愛対象として「全然アリ」というタイプです。

 

3:恋愛に対して受け身

その場の雰囲気に流されてしまい自分の意見を言えずに結論が出てしまうことが多い女性は、的確なアドバイスをくれる彼氏を求めています。

 

優柔不断な彼女たちは仕事や人間関係で悩むことも多く、そんな時に経験豊富な年上男性の意見に従えば楽なので、年上男性に甘えたくなるでしょう。

 

 

年下女性の口説き方とは?

年下 女性 口説き方

1:まずは年下女性に対して積極的になること!

年下女性を口説くには多少の勇気が必要ですが「こんなオジサン相手にしてくれないよな…」と思った時点でおしまいです。

 

気になる年下女性がいたら積極的に話す機会を作って、デートもこちらから誘うようにしましょう。

 

逆に年下女性にしてみれば自分から年上男性に声を掛けるのは勇気が要るので、男性側から積極的にきてくれた方が嬉しい場合もあります。

 

駆け引きをして好意があるかないかあいまいな状態にするよりも、素直に自分の気持ちを表現する男らしさが大人っぽさにもつながるので、相手の様子を見ながらグイグイと引っ張っていくのが年上男性としての腕の見せどころです。

 

2:しつこいのはNG

グイグイと言っても毎日しつこいくらい誘ったりするのではなく、タイミングを見計らってメリハリをつけるのが効果的です。

 

例えば彼女からの返信がなくても特に指摘しなかったり、こちらからも連絡するのを控えたりすれば、女性の方が「あれ?連絡最近無いな…」と気になるようになるはずです。

 

一緒にいない時間に相手のことを考えるのは好きになるキッカケになりやすいので、そういった心理作戦を屈指して口説くのも年上男性らしいと言えるでしょう。

 

3:年下女性の悩み相談役になって距離を縮める!

若い女性に悩みは尽きません。

 

男性からすれば他愛もないことかもしれませんが、それを誰かに聞いて欲しいがために開かれるのが女子会なのです。

 

しかし誰かに話して発散してしまえばスッキリするという特徴もあるので、たとえ退屈な話でもきちんと耳を傾けてあげることが好感度につながります。

 

例えば職場に嫌な上司がいるといった愚痴に近い悩みでも「ウン。ウン。」と相槌をうちながら、たまに「毎日大変だね」「そりゃあ疲れるね」などと優しく協調してあげるのがポイントです。

 

そこで「それは違う!」と意見を否定したり、「俺の場合は…」と自分の話にすり替えたりするのは年上らしくない行動なので余裕を見せて思いっきり甘やかしてあげましょう。

 

4:行き慣れている場所でデートすること!

年下女性とのデートとなれば「若い子が行くような所に行った方が良いかな」と思いがちですが、実はそれは逆効果です。

 

年代によってデートスポットには差がありますが、年下女性に合わせると「元彼と来たことある」なんてことになるかもしれませんよね。

 

好奇心が旺盛な年下女性は自分が行ったことのないような場所でも十分に楽しめるので、自分がよく行く場所に連れて行ってあげましょう。

 

その方がエスコートもしやすいので、スマートで大人っぽいデートを楽しむことができます。

 

5:周りの友達に自慢できる彼氏になる

女子会のメインは「恋バナ」で、それぞれが彼氏の話をして盛り上がります。

 

当然年上の彼氏となれば周りの友達からの関心度も高く、同年代の彼氏との違いを自慢気に話すことで優越感を得ることができるので、気になる年下女性のためにはそれに見合った彼氏にならなければいけません。

 

まずは見た目ですが、無理に若作りをせず年相応のファッションがおススメです。

 

世の中の女性に「好きな男性のタイプは?」と聞くと必ずランクインするのが「爽やかな男性」という答えですが、どの世代の女性でも爽やかで清潔感のある男性を好む傾向があるので意識してみましょう。

 

またしぐさや行動にも大人っぽさが感じられると評価は上がります。

 

彼女の友達と一緒にいても皆の話を笑顔で聞いてあげて、意見を求められたら女性側に立った優しい意見を述べるといったことで器の大きさをアピールしたり、友達の前でもさりげなく彼女のことを褒めると言った上級テクニックを使うのも効果的ですよ。

 

 

「恋愛対象」と「ただのオジサン」の違いは?

年下 女性 口説き方

年下女性を口説く時には「年上ならではの余裕」「包容力」「心の広さ」などがキーワードになりますが、一歩間違うとお父さん的存在になりかねないので要注意です。

 

ドッシリ構えているのも良いですが、年下女性の世代に合わせた話題にも興味を持つことで恋愛対象のポジションをキープしましょう。

 

流行りの食べ物やファッションはもちろん、今はSNS発信の流行が主流なのでネットでの情報も大切ですし、ゲームやアニメといったサブカルチャーにも敏感だと会話が弾みます。

 

すべてを知り過ぎているのもオタクっぽく思われてしまいますが、全く知らないのも問題です。

 

一緒にいても「何それ?」ばかり連発していたら「ウチのお父さんみたい」と言われてしまうかもしれないので気を付けましょう。

 

 

まとめ

年下 女性 口説き方

今回は、年下女性の口説き方について詳しく解説しました。

 

同年代の女性よりも可愛げがあって素直だと思える年下女性を口説くには、その「愛おしい」と思う気持ちを忘れずに、彼女の願いをかなえてあげる理想の年上彼氏になるべく努力しましょう。

 

とはいえ、『年下女性との良い出会いなんてないよ?!』という方におすすめなのがマッチングアプリです。

 

中でもおすすめなのが、日本で450万人もの会員数を誇る恋活マッチングアプリの『ペアーズ』です!

 

当サイトでご紹介するペアーズは、facebook上国内最大手のマッチングサービスで実名も出ず、友達にも出会わないようになっているため安心して出会いを探すことが出来ます。

 

幅広い年代の人たちが、真剣な出会いを求めて登録していますのでプロフィールや写真を見ながらピンとくる相手を探すことができます。

 

出会いがないという方は、マッチングアプリを使って出会いを見つけてみてはいかがでしょうか。

 

アプリ自体の評価も高く使いやすいのが魅力◎!

 

マッチングアプリ初心者にもおすすめですよ。

 

無料会員登録をすると、相手のプロフィールを見ることができるようになりますので、どんな子がいるのか見てみたい方も安心して使い続けるか確認できます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。