年上女性の口説き方とは?

年上 女性 口説き方

 

この記事では、年上女性の口説き方について詳しく解説していきます!

 

一度年上の女性との恋愛を経験すると、もう年下や同年代の女性に対しての興味が無くなってしまうという男性もいますよね。

 

とは言えただでさえ精神年齢が低い男性が年上の女性を口説くとなれば、多少のテクニックが必要となります。

 

酸いも甘いも嗅ぎ分けた大人の女性に振り向いてもらうためには、一体どんな口説き方が効果的なのか?

 

今回は、年上女性の口説き方について詳しく解説していきたいと思います!

 

 

何故男性は年上女性に惹かれるのか?

年上 女性 口説き方

1;いつまでも甘えたい

全ての男性には大なり小なり「マザコン」気質があるので、いくつになっても心のどこかで誰かに甘えたい願望を持っています。

 

小さな子供たちを見ているとよくわかりますが、女の子よりも圧倒的に男の子のほうが甘えん坊です。

 

それは大人になっても変わらないのですが、一般的に「男は女より強くあるべきだ」という恋愛論があるせいで、なかなか女性に甘えることができないというのが本音でしょう。

 

恋愛関係においては「甘える」側と「甘えられる」側が存在します。

 

年下や同年代の女性の前ではどうしても見栄を張ってしまうところがあり甘えることは難しいですが、年上女性の前では素直に甘えることができるので、本能的に「甘えたい」側の男性は年上女性を好む傾向が強いと言えます。

 

2:自分の知らないことを教えてくれる

たとえ1年でも長く生きていればその分知識や経験が豊富なので、年上女性からは自分が知らなかった様々なことを学ぶことができます。

 

これは女性が年上男性を好きになるのと一緒の理由ですが、楽しいだけの恋愛ではなく、自分をステップアップさせるための恋愛を求めているタイプは年上を選ぶ傾向が強いです。

 

3:誰かに依存したい

30代後半から40代の男性の恋愛観には「女は黙ってついて来い!」的な考え方があるので、恋愛に対して受け身の女性を好みますが、今どきの若い男性はもっと肩の力が抜けた恋愛観を持っています。

 

例えばデートプランも男性が決めなければいけないという考え方ではないので、2人で相談して決めるか、時には女性の意見に従うというタイプも多いですね。

 

もちろん女性側も彼氏に任せるタイプと自分で決めるタイプに分かれますが、依存したい男性は任せられたところでそれを面倒だと感じてしまいます。

 

逆に年上女性の決めたことには素直に従いやすいので、全てに関して年上女性に決定権を握ってもらうのを好むタイプもいます。

 

4:支えてくれる

アスリートは年上女性と結婚するパターンが非常に多いですが、これは年下男性を上手く掌で転がしながら支えることができる女性が必要だからです。

 

甘やかすのでもなく厳しくし過ぎるのでもなく、上手くおだてながら成長させることができるのは、年下男性のことを無条件で可愛いいと思える年上女性にしかできないと言えるでしょう。

 

年上女性に好かれる男性とは?

年上 女性 口説き方

1:可愛げがある

母性本能をくすぐるタイプの男性に弱いのは女性全般に言えることですが、特に年下男性の屈託のない笑顔や素直さに胸がキュンとなるのが年上女性の特徴です。

 

例えばランチをご馳走してあげるだけで大げさなほど喜んでガツガツ食べたり、ちょっとした冗談を真に受けて表情が曇ったりする年下男性を見ると、子どもやペットに癒される時と同じように母性本能が溢れます。

 

男性の方も年上の女性に対しては見栄を張る必要もなく気楽に接しやすいので、気になる年上女性の前では思ったままのことを言い、感じたままに行動すると好感度が高くなりますよ。

 

2:たまにはギャップも効果的

甘えん坊で頼りないと思っていた年下男性の意外な一面を見ることで、年上女性の胸はキュンとして一気に恋愛対象として意識するようになります。

 

常に「年下だから甘えていれば良いんだ」と思っていると恋愛関係に発展しない場合もあるので、ここぞという時に男らしい頼りがいがあるところをアピールすると効果的ですよ。

 

3:年下ならではの魅力を発揮する

女性は男性が若い女の子を好むことが気に入らないので、同世代の男性に「オバサン」扱いされれば腹立たしいに決まっています。

 

周りからもチヤホヤされる機会が減ってきた女性にとって、自分のことをキラキラした目で見てくれる年下男性には好意を持たない理由がないでしょう。

 

しかしそれだけではただの可愛らしい年下坊やで終わってしまうので、そこから恋愛対象にランクアップするには何かのきっかけが必要です。

 

若いからこそがガムシャラになれるという特権を利用して、ガンガン誘ってみたり、誘われたら何時であろうがどこであろうが顔を出すというフットワークの軽さを見せたりすることで年上女性に猛アピールするのも口説き方としては有効です。

 

 

年上女性の口説き方とは?

年上 女性 口説き方

女性を口説く時に誉め言葉はマストですが、年上女性に間違った誉め言葉をかけても意味がありません。

 

年齢よりも見た目が若い年上女性に対して「ホント若いですよね」と言ってもたぶん聞き飽きているので、確かに嬉しいでしょうが特別感は感じません。

 

また、その誉め言葉には「歳の割には」というワードが隠されているので、人によってはカチンとくる場合もあります。

 

同じように「しっかりしてますね」「カッコいいですね」も年上であることを強調していますし、正直誰でも言える誉め言葉ですよね。

 

口説きたい年上女性には、年齢差を感じさせない誉め言葉の方が効果的です。

 

例えば「意外と料理上手なんだね」「いつもお洒落だよね」など、同年代の女性に掛ける誉め言葉と同じ方が喜んでくれるでしょう。

 

無理に背伸びをしないことも大事

年上女性に気に入られようとついつい背伸びをしてしまう気持ちはわかりますが、それではせっかくの年下男性という好条件が台無しになってしまいます。

 

恋愛経験が豊富なフリをして「オンナっていつも○○だよね」なんて言ったところで「はいはい。わかりましたよ」と馬鹿にされるのがオチです。

 

確かに生意気な所も可愛いですが、やはりワンランク上の存在になるには等身大の恋愛テクニックで勝負するのが一番です。

 

いかにも恋愛上級者のような言動や、無理して高級なお店に連れて行くのは明らかに背伸びをしていることがバレバレなので、年上女性は「可愛いな」と思いつつどこかに「無理させちゃって悪いな…」と遠慮を感じて自分から引いてしまうかもしれません。

 

年上女性は自分よりも経験豊富な男性が好きなわけではないですし、ハイスペックな男性を求めているわけではないので、勘違いせず素の自分を見せるようにしてくださいね。

 

甘えるにも限度アリ

「年下だからこれくらい許してくれるだろう」というのも一理あります。

 

しかしあまりにも行き過ぎた甘えはNG行為となります。

 

例えば飲み会やコンパに誘われたからと言って他の女性とばかり遊んでいればいくら理解のある年上女性でも良い気はしません。

 

また年下だからといって経済的にも甘えてばかりでは、まるで自分が「若いツバメに貢いでいる」ような感覚になってしまうでしょう。

 

女性にはホルモンバランスの関係もありどうしても男性に甘えたい時期があるのです。

 

年上女性のそういった変化を見逃さないようにして、時には甘えさせてあげるのも忘れないようにしたいポイントです。

 

 

まとめ

年上 女性 口説き方

今回は、年上女性の口説き方について詳しく解説しました。

 

世の中には年上女性と年下男性のカップルが多いですが、上手くいく秘訣はあまり年齢にこだわらないことです。

 

年上だから…年下だから…という意識を持てば持つほど距離ができてしまうので、あまり気にせず等身大の自分でフランクに接するよう心掛けてください。

 

とはいえ、『年上女性との良い出会いなんてないよ?!』という方におすすめなのがマッチングアプリです。

 

中でもおすすめなのが、日本で450万人もの会員数を誇る恋活マッチングアプリの『ペアーズ』です!

 

当サイトでご紹介するペアーズは、facebook上国内最大手のマッチングサービスで実名も出ず、友達にも出会わないようになっているため安心して出会いを探すことが出来ます。

 

幅広い年代の人たちが、真剣な出会いを求めて登録していますのでプロフィールや写真を見ながらピンとくる相手を探すことができます。

 

出会いがないという方は、マッチングアプリを使って出会いを見つけてみてはいかがでしょうか。

 

アプリ自体の評価も高く使いやすいのが魅力◎!

 

マッチングアプリ初心者にもおすすめですよ。

 

無料会員登録をすると、相手のプロフィールを見ることができるようになりますので、どんな子がいるのか見てみたい方も安心して使い続けるか確認できます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。