バツイチ男性はモテるのか?恋愛において気をつけることは?

バツイチ男性はモテるのか?恋愛において気をつけることは?

若い頃に結婚して、数年後に離婚。

それからずっと独身で頑張ってきたけど、そろそろ結婚に前向きな恋愛もしたいなと思っている人は少なくありません。

また、40代になってから離婚してしまったという人もいるでしょう。

 

そこで今回は、40代のバツイチ男性が恋愛において注意した方が良いことをお話します。

 

 

バツイチ男性が気を付けるべきこととは?

バツイチ男性はモテるのか?恋愛において気をつけることは?

男性に限ったことではありませんが、離婚という過去へのトラウマが大きいという人は多いです。

そして、そのトラウマが原因となって女性に不快な思いをさせたり、不安な気持ちにさせてしまったりすることがあります。

気付かないうちに女性にそんな思いをさせてしまっていると、なかなかお付き合いに発展しないということもあるかもしれません。

 

では、一体どうすればそんな状況を防げるのでしょうか?

 

その1:信頼関係は二人で作っていく

浮気ばかりされてきた女性が「男なんて浮気する生き物だから、信じたところで裏切られるだけ」と言っているのを聞いたことはありませんか?

実はバツイチ男性も同じで、知らず知らずのうちに女性に対して不信感を抱いている人は少なくありません。

中でも、元奥さん以外との恋愛経験があまりない男性はとくに女性不信になる可能性が高いようです。

 

もし、彼女や彼女候補の女性に「本当に僕でいいの?」「離婚歴がない男の人じゃなくていいの?」などと言ったことがあるならやめた方が良いですね。

例え不信感があるとしても、女性の言うことの裏を考えたり本心を隠したり、何かを試そうとしたりすることは逆効果。

その気持ちは知らないうちに彼女にも伝わり、自信がない男、ウジウジした男、という印象を与えてしまうこともあります。

 

恋愛をしていくうえでは、お互いを信用し信頼関係を作っていくことはとても大切です。

すぐに信じるのは難しいとしても、せっかくご縁があった女性を自分からいちいち疑ってかかるようなことはしない方が良いでしょう。

 

その2:絶対に再婚しない!なら同意を得る

離婚経験がない人にはあまり理解されないかもしれませんが、離婚するのはとても大変で体力的にも精神的にも本当に疲れますよね。

離婚したばかりならもちろんのこと、離婚して10年以上経っても「もう結婚はしたくない」と思う人は少なくありません。

 

ただ、この考えは40代のバツイチ男性にとってはネックになることが多いです。

お互いにバツイチで歳も近い女性が相手なら、この気持ちも理解し合えるでしょう。

 

でも、初婚の女性は「長く付き合えば結婚するだろう」と考えている人がほとんどで、同棲するだけの“内縁の妻”におさまるようなことは絶対にイヤ!という人もいます。

ましてや、40代の男性が恋愛対象に見る年齢層の女性に“結婚する気はない”という考えをもつ人は少ないです。

 

誰もが、今の自分の状況は結婚していた頃とは違うものです。

年齢も違えば、仕事や住んでいる地域、家族構成さえ変わっていることもあるでしょう。

 

そして、恋愛している相手も違いますよね。

もしかしたら、元奥さんが根本的に自分とは合わなかったのかもしれません。

せっかくご縁があって恋愛関係になるわけですから、最初から「絶対に結婚はしない」と決めてしまうのは少しもったいないのではないでしょうか。

 

でも、どうしてもその意思を変えることができないなら、相手の女性にも「それでも良い?」と確認しておく必要があります。

そこをうやむやにしたまま数年のお付き合いをした結果、「結婚してくれないなら別れる」ということになったら可哀想なのは彼女です。

 

別れるときに彼女の年齢を元に戻してあげることはできないですし、「あなたと付き合ってなければ今頃は誰かと結婚できていたかも…」と泣かれてしまってもあなたには何もしてあげられません。

せめて最初にその意思さえ伝えていれば、お互いに後悔が残らないお付き合いができるのではないでしょうか。

本当に彼女のことが好きなら、それがせめてもの思いやりですよ。

 

バツイチの男性は女性の理想が高くなりがち?

バツイチ男性はモテるのか?恋愛において気をつけることは?

バツイチの男性は、女性の理想が高くなることもよくあります。

 

例えば、元奥さんが出来なかったことを求めるという人は多いのでは?

  • 料理が苦手な奥さんだった→料理がある程度できる人じゃないと無理
  • 掃除が嫌いな奥さんだった→常にキレイにしてくれる人じゃないとイヤ
  • 性格がキツイ奥さんだった→温厚なタイプじゃないと付き合えない

 

こんな風に、自分から恋愛対象になる女性の幅を狭めてしまうことはよくあります。

 

でも、もしかしたら元奥さんがそうなってしまったのは自分にも原因があったかもしれません。

よくあるのが、旦那さんが色々とやってくれることに甘えて奥さんがやらなくなってしまうパターン。

 

このように、最初はそうでもなかったのに“気付くといつも彼女がダメ女になっている”という男性は、誰と付き合っても女性がダメダメになってしまう可能性があります。

何でもやってあげるというのは、泣いている子どもにとりあえずお菓子をあげるのと同じことです。

結果として、お互いのためにはなりません。

 

お互いに立派な大人ですから、ときには厳しくする必要もあるのではないでしょうか。

 

バツイチ男性が若い女性ばかり追うのは無謀?

バツイチ男性はモテるのか?恋愛において気をつけることは?

どんな経緯で40代+バツイチという状況になったか、というのは人によりますよね。

さらに、外見が年相応に見える人もいれば、若く見える人もいるでしょう。

ただ、例えどんな状況だとしても1つだけ共通して言えることがあります。

 

それは、若い女性ばかり追うのは無謀だということです。

 

理由1:そもそも40代は恋愛対象外?!

もしあなたが同じ40代や少し年上の女性などは絶対にイヤ、できれば20代後半~30代半ばくらいの女性と恋愛したいと思っているとしたら、それはとても難しいことかもしれません。

恋愛や結婚をしたいと思っている女性が40代の男性を狙うというのは、「お金目的」以外にはあまりないことです。

30代半ばの女性でも40代の男性を“おじさん”と思ってしまうことは多いので、恋愛対象に見ることはできない!という女性は多いでしょう。

 

理由2:7歳以上の年の差がある夫婦は離婚しやすい?!

20代後半~30代はじめのアラサー女性ともなれば、結婚を視野に入れるかどうかでも大きく変わってきます。

「7歳以上の年の差がある夫婦は離婚しやすい」と言う専門家がいることをご存じですか?

 

もし結婚を視野に入れた恋愛を希望しているとしたら、彼女たちは今まさに結婚にまつわる知識集めに必死な時期。

“年の差がありすぎる相手”は離婚の可能性が高い、という情報はきっと耳に入っています。

あまり「若い子若い子…」と追っていると、変な女の子に引っかかってしまう男性や、“将来が見えない今だけの付き合い”しかできない男性になってしまうかもしれませんので注意してくださいね。

 

 

ただし若い女性でも例外はある

バツイチ男性はモテるのか?恋愛において気をつけることは?

若い女性はみんな望み薄かと言うと、もちろん例外もあります。

例えば、いつも10歳近く上の男性とばかり付き合っている女性や、職場などでいつも顔を合わせているような女性なら話は別です。

“年上好き”や“バツイチに対して理解アリ”という人ばかりを集めた婚活パーティーもありますので、そういう場で知り合った女性なら可能性はあります。

 

さらに、職場などでいつも顔を合わせている女性なら“年齢”よりも“人柄”を見てくれていることが多いので、日頃から仲良くしているなら恋愛関係になれる可能性は高いかもしれませんね。

 

バツイチ男性のまとめ

バツイチ男性はモテるのか?恋愛において気をつけることは?

今回は、バツイチ男性はモテるのか恋愛において気をつけるべきことをご紹介しました。

40代のバツイチ男性だからと言って、恋愛に臆病になる必要はないでしょう。

ただ、そろそろ“自分も相手の将来に関わっている”という自覚をもつことは必要ですし、ある程度は“どういう付き合いをしていきたいか”を考えておくと良いですね。

 

ただ、いくら女性にモテる点に気をつけても女性との出会いがなければ意味がありません。

そこで最後に、バツイチ男性でも気軽に出会えて女性をゲットできる恋活アプリを厳選ピックアップしてみたので気になる方はぜひご覧ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。